2012年11月16日

西宮で安宅礦平さんの作品展

御杖村を拠点にされている鉄のアーティスト・安宅礦平さんの作品が、兵庫県西宮市のカフェギャラリーいおで11/28(水)〜12/3(月)まで開催される『第9回 作家手仕事展』に並びます。

お近くの方は、この機会にぜひ安宅さんの作品に触れてみてください。

手仕事展@ギャラリーio



posted by takeru at 15:58 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 御杖生まれや御杖育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

桃俣の獅子舞@天平祭

先日ご案内いたしましたが、御杖村・桃俣の春日神社で毎年秋に奉納される獅子舞が、本日、平城宮跡で始まった『平城京天平祭☆秋2012』の大極殿前のステージに出演いたしました。

ボクもお邪魔してきたんで、さわやかな秋のステージの様子、取り急ぎご紹介しておきますね。

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10

桃俣の獅子舞@天平祭 2012.11.10


大極殿をバックに演じられる獅子舞、素晴らしかったです!
出演されたみなさん、お疲れ様でした〜 m(__)m

posted by takeru at 23:26 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 御杖生まれや御杖育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

山下光雄さんのカリンバ展@スペース草(大阪・豊中市)

御杖村在住の創作カリンバ作家・山下光雄さんが、この土日まで、豊中市の「スペース草」でコラボ展を開催中です。

『山下光雄のカリンバと ゆうじゅのタベルエ(食べる絵)』
  ●日時:〜平成24年10月28日(日)まで am11:00〜pm6:00(最終日は〜pm5:00)
  ●場所:スペース草  豊中市東豊中町4-1-13  TEL:06-6853-0474

お近くの方は、ぜひこの機会に山下光雄さんのカリンバに触れてみてください☆
エエ音するよ〜〜

山下光雄のカリンバと ゆうじゅのタベルエ(食べる絵)



posted by takeru at 21:22 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 御杖生まれや御杖育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

奥野敏晴陶展@神戸・南京町ギャラリー蝶屋

御杖村在住の陶芸家・奥野敏晴さんの個展が、9/20(木)〜25(火)まで、神戸の南京町ギャラリー蝶屋で開催されます。

奥野敏晴陶展@神戸・南京町ギャラリー蝶屋

今回は、陶磁と木とが主役とのこと。
お近くの方は、ぜひのぞいてみてください。

・開催場所:南京町ギャラリー蝶屋 (神戸市中央区栄町通2-8-10)
・開催日時:9/20(木)〜25(火) 11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

奥野陶房

posted by takeru at 14:59 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 御杖生まれや御杖育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

『なら工房街道』本日発売

工房街道推進協議会さんの『なら工房街道』、本日より県内主要書店等で販売開始です。

『なら工房街道』工房街道推進協議会

この『なら工房街道』には、様々なものづくりをしている奈良県内の約70の工房が掲載されていて、御杖村では、奥野敏晴さん・容子さんの「奥野陶房(翠泉窯)」、安宅礦平さん・露水さんの「ATAKA K&T」、松村禎夫さんの「奈良木楽舎」が紹介されています。

『なら工房街道』工房街道推進協議会

奈良の「ものづくり」満載のこの一冊、書店や関連ショップで見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

お問い合わせ先は工房街道さんのブログでご確認ください。
posted by takeru at 07:38 | 奈良 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 御杖生まれや御杖育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

「ギャラリー夢雲」に行ってきました

『カリンバと珍獣画陶展』の最終日、宇陀市室生区の「ギャラリー夢雲」に行ってきました。
こちらが御杖村在住のカリンバ作家・山下光雄さん↓

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

今回はカタチよりも原点である"音"に特にこだわったという山下さん、確かにどのカリンバも一層深みのある音を響かせてくれます。

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

素朴さの中に緻密さを備えた山下さんのカリンバたち・・・

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

新たに登場した竹のカリンバは、あたたかい音がします。

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

これは竹の弦(?)をベースに、高音部には鉄を使った作品。
指でも弾けますが、ゴムを付けたバチで叩くとよく音が響きます。
鉄の部分は高音部とは言っても他のカリンバよりかなり太めなんで、スチールドラムのような音色。

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

中山昌果さんの珍獣画陶の作品たちも、一層磨きがかかった感じでした。

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

この独特の世界・・・ すごいね。

『カリンバと珍獣画陶展』 2012.07@ギャラリー夢雲

山下さんのカリンバ、次は8/25(土)、京都府相楽郡南山城村の旧野殿童仙房小学校で開催される『山ノ上マーケット』に出展予定です。 お楽しみに〜

山ノ上マーケット2012
posted by takeru at 22:03 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 御杖生まれや御杖育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。